満足度98%の理由は?アトミックスがペニス増大にどれくらい効果があるかを解説しました。

マッチョアトミックスは本当に効果があるのか?医学的に検証

 

 

アトミックスのスクリーンショット

 

 

アトミックス(Atomix)はそれぞれ効果の異なる3タイプの錠剤を飲みあわせるペニス増大サプリメントなのですが、本当に効果があるのでしょうか。
3つの錠剤を飲むことで相乗効果があると言われていますが、なぜ効果があるのかを医学的に検証していきたいと思います。
またアメリカで人気のあるAtomixですが安全性がどうなのかもご説明していきます。

 

 

アトミックスの特徴をまとめると

  • 「強靭・成長・持続」をコンセプトにした3つの種類の錠剤
  • モニターテストで98%を超える満足度と90%のリピート率
  • Webで購入で最大5000円の割引価格で購入可能
  • セットで購入でさらに割引価格へ
  • 米国で人気のペニス増大サプリメント

以上のようになっています。
またアドミックスは3つの錠剤を飲みあわせる相乗効果が設計されているみたいなのですが、こちらも成分を元に解説していきたいと思います。

 

 

Atomixの増大のメカニズム

公式ページで説明されているAtomixのペニス増大のメカニズムは以下の通りです。

 

1、亜鉛などミネラルが多く含まれる動物由来の成分でペニスを強化
2、成長ホルモン分泌促進や血行促進作用のあるシトルリンなどのアミノ酸が増大を促す
3、漢方薬などにも配合されている滋養強壮効果のある成分で持続力をサポート

 

以上が成分からわかるアトミックスのペニス増大メカニズムです。
これらの3つの錠剤を飲みあわせることによって相乗効果が生まれ、ペニスが増大していく体内環境を生み出します。

 

また成分の詳細は以下からご覧になれます。

 

 

マッチョアトミックスの成分を医学的に分析

アトミックスの成分は3タイプの錠剤にそれぞれの効果に分けて配合されているのが特徴的です。
3つのタイプの錠剤にはそれぞれ「強靭」・「成長」・「持続」と異なる効果が期待できる成分が配合されているようです。
「強靭」・「成長」・「持続」とは医学的に見て一体どういうことなのかを成分を分析しながら説明していきます。

 

 

赤いタイプの錠剤について

 

赤いタイプの錠剤

 


マムシ末、馬睾丸(陰茎含む)粉末、オットセイ骨格筋抽出物、黒蟻粉末、コブラ粉末、トナカイ角粉末、すっぽん粉末、サソリ粉末、ビタミンB2、結晶セルロース、加工デンプン、着色料(紅麹色素)、ショ糖脂肪酸エステル、クエン酸、微粒酸化ケイ素

 

赤いタイプの錠剤については男性の性生活や性機能をサポートする動物系の成分を中心に配合されているようですね。

 

コブラサソリには男性の精子の元となるミネラルやアミノ酸が豊富に配合されていますし、すっぽん粉末トナカイ角粉末には必要なビタミン類や毎日の活力をサポートするアルギニンが優秀に含まれていますので、男性の精力が上がる効果があると言えます。

 

すっぽん粉末

滋養・強壮に即効性のある成分が数多く含まれていることで日本でも有名なすっぽん。
良質のアルギニン亜鉛などミネラルやアミノ酸を多く含み、各国で身近な精力剤・バイアグラとして利用されています。
細胞の源となるコラーゲンを多く含みますのでペニス増大の際に必要な細胞分裂をサポートします。

 

トナカイ角粉末

中国では鹿の角を粉末状にして漢方として利用しておりますが、北米でもトナカイの角を同じように粉末にして精力剤として古来から利用してきた歴史があります。
トナカイの角にはミネラルやアルギニンの含有量が豊富であり、コラーゲンやレシチンなどペニスの海綿体が増殖するために必要なアミノ酸も含まれている効率のよい成分です。

 

 

 

青いタイプの錠剤について

 

青いタイプの錠剤

 


L-シトルリン、L-オルニチン塩酸塩、クレアチン、HMBカルシウム、ナイアシン、D-リボース、L-バリン、L-ロイシン、L-イソロイシン、L-アルギニン、L-アスパラギン酸Na、結晶セルロース、加工デンプン、D-ソルビトール、着色料(クチナシ色素)、ショ糖脂肪酸エステル、微粒酸化ケイ素

 

青いタイプの錠剤には実際にペニス増大に有効な成分が数多く配合されているようです。

 

シトルリンは体内で二酸化窒素を生成に血行を良くする働きがありますが、そのほかにも成長ホルモンの分泌を効果があります。
オルニチンアルギニンはシトルリン同様に成長ホルモン男性ホルモンの分泌を促進する効果もありますが、日々の疲労を回復し内臓の健康を健やかにし更に性ホルモンの分泌が促進されるようにサポートする効果があるので、とても効率がよい組み合わせといえるでしょう。

 

L-アルギニン

血管内で一酸化窒素を体内で生成し血流を増やし血行を改善します。
アルギニンは成長ホルモンの分泌を促す効果もあることから様々な精力剤・ペニス増大サプリメントに配合されています。
また脳下垂体を刺激し、男性ホルモンや成長ホルモンの分泌を促すことでも知られています。
アルギニンとシトルリンの一酸化窒素生成による血管拡張・血行促進の研究はかなり進んでおり、ペニス増大に効果的であることは医学的に証明されているのです。

 

L-シトルリン

アルギニン同様に体内で一酸化窒素を生成し血管を拡張することで血行を促進する作用があります。
アルギニンと同時に摂取することで効果が高まることが医学的に明らかになっています。
スイカやキュウリなどに多く含まれることが報告されていますが、必須アミノ酸ですので、毎日充分な量を摂取するためにはサプリメントによる摂取をおすすめします。

 

 

 

白いタイプの錠剤について

 

白いタイプの錠剤

 


マカ末、トンカットアリエキス末、イチョウ葉エキス末、亜鉛酵母、セレン酵母、ガラナ末、ブラックジンジャー抽出物(クラチャイダム)、高麗人参末、D-ソルビトール、結晶セルロース、ショ糖脂肪酸エステル、微粒酸化ケイ素

 

白いタイプの錠剤については「持続」というコンセプトによって配合されているだけあって、勃起力を維持する為の成分が配合されています。
ペニスの海綿体の毛細血管に行き届く血液の量を増やすために血行を促進する効果のある成分が多数含まれています。イチョウ葉エキス末は脳や毛細血管血行を促進することでスマートドラッグとしても利用されているのでご存知の方も多いはずです。

 

その他にもマカトンカットアリなどの血行を促進するアミノ酸が含まれているハーブや野菜が配合されていることが特徴的ですね。

 

マカ末

ペルーの高地で育つ根野菜の一つです。
アルギニンの含有量が優秀であり、滋養・強壮に欠かせないミネラルやアミノ酸など数々の成分が含有されています。
日本でも多くのサプリメント・漢方などに利用されており、その効果は医学的にも証明済みです。

 

トンカットアリエキス末

インドネシアなどを中心に自生する東南アジア原産の低木の一種で、名前には男性の杖という意味が込められている植物です。
トンカットアリにはテストステロン(男性ホルモンの一種)の分泌を促す効果があり、ホルモンバランスを整え解熱効果・疲労回復があると言われています。
栽培技術も確率していないため、野生に自生しているものを採集しなければならない大変貴重な成分です。

 

イチョウ葉エキス末

13種類のフラボノイドとギンコライドとよばれる物質が含有されており、特に脳や毛細血管の血行促進効果は大変有名です。末端の血管の血行を促進しますので、ペニスの海綿体に効率よく血液を送るのに効果があります。
イチョウ葉に関する研究は1950年代から行われており、数百を超える研究論文がすでに公開されております。
現在ではアルツハイマーの特効薬としての研究も盛んに行われており、今後注目の成分なのです。

 

 

 

ポイントアトミックスの副作用の情報は?

Atomixには様々な成分が配合されていますが一つ一つ検証していた結果、正しい用法・用量を守って摂取していけば副作用は心配する必要はありません。

 

また実際に購入した方からの協力を得て、アンケートを記入していただき結果をまとめてみました。
実際の生の声を聞いて購入前の参考にしてみてください。

 

 

 

 

ドクターアトミックスはペニス増大に効果があるのか?医学的な検証結果

 

 

アトミックスに配合されている成分を一つ一つ検証していった結果、
「3つの錠剤を飲みあわせることで効率よくペニス増大に効果があるサプリメント」
という検証結果になりました。

 

Atomixには「強靭・成長・持続」というそれぞれのコンセプトによって配合された3つの錠剤がありますが、これらをわかりやすく説明すると、
強靭=滋養・強壮、性欲向上
強成長=ペニスの海綿体増殖
強持続=血行促進
ということになります。

 

この3つの効果が組み合わさることによって、効率よくペニス増大が可能という設計になっているようですね。

 

次に成分内容ですが、ペニス増大に有効である成分が漏れなく抑えてありますので、これからはじめてサプリメントを購入するという方にもおすすめしたいと思います。

 

また当ペニス増大研究所ではどのサプリメントを購入すればよいのかわからないという方のために、主成分に優れたサプリメントをランキング形式にしてご紹介しております。
元製薬会社研究員がおすすめしたい主成分に優れたペニス増大サプリメントは以下からご覧ください。

 

 

 

 

 

アトミックス